このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、Kaitoです。

今回は「年収2億円のトレーダーさんに教えて貰った多くの人がFXのトレードで負ける理由」というテーマについて記事を書いていきます。

FXをやっているけどほとんどの人は負けてしまっています。

なぜ、負けてしまうのか?というと

多くの人達と同じ行動をしてしまうからです。

トレードの世界では95%の人が負けると言われています。

勝てるトレーダーというのは残りの5%の人達です。

トレードで勝てるようになる為には、その5%の人達と同じ思考を持ってトレードをしないといけません。

ですが、その5%の思考というのは、あまり本やネットには載っていません。

そこで、僕が年収億越えのトレーダーさんに教えて貰った「多くの人がトレードで負ける理由」を今回は紹介していきます。

この記事を最後まで読むことによって「年収2億円のトレーダーさんに教えて貰ったFXのトレードで負ける人の特徴」が分かるのでこれからトレードをやろうと思っていて負けたくない人や今現在トレードをしていて負けているという人には、とても参考になるのでトレードで負けたくないという方は是非最後まで記事をご覧下さい。

負けると思ったらすぐに損切りをする

よくセミナーやYouTubeの広告で「損切りはするな!」なんて事を聞いたことはありませんか?

「損切りはお金を減らしている行為だから絶対にしてはいけない」「今はマイナスでもいつか価格は戻るから」など、

とそれを聞いて真に受けていませんか?

トレードをしていて、自分で損切りをしなきゃいけないと思ったなら損切りはその時にするべきです。

勝てるトレーダーほど損切りをするのが早いと、よく言われます。

どっちにいくか分からない状況のままトレードしていたら、それはもう投資ではなくギャンブルです。

年収2億円のトレーダーさんも自分の思っている違う方向に行ったらすぐに切ると言っています。

損切りしないで放っておけばいつかは戻るかもしれませんが、もっとマイナスになるリスクだってあります。

損切りしたとしても、利益を出すチャンスはいつでも来るので、自分が損切りをしないといけないと思ったらすぐに損切りをするべきですね。

大きな経済指標の時に取引をしない

雇用統計やFOMCなど、大きな経済指標が発表され相場がよく動く時も、年収で億を稼いでいるトレーダーさんはトレードをしないと言っていました。

別に大きな経済指標が発表される時に取引をしなくても、日々のトレードでそれ以上のPipsが取れるので経済指標が発表されて相場が大きく動く時にわざわざ取引をする必要がないようです。

相場が大きく動く時にトレードをしない事で、日々のトレードで落ち着いた取引が出来るようにはなるかもしれません。

多くのトレーダーはこれらの時に取引をしますが、勝てるトレーダーが相場が大きく動く時に取引をしないのは、皆と同じ行動をしていないからかもしれませんね。

毎日エントリーをしない

トレードを始めた最初の頃は、毎日エントリーをしている状態じゃないと気分がなかなか落ち着きません。

トレードを始めた最初の頃は誰にでもある出来事なので、これは仕方がありません。

ですが、それをいつまでも続けていては勝てるトレーダーにはなりません。

それに、そんな落ち着かない状況で勝つか分からないエントリーをしても負ける事がほとんどです。

そんな事を毎日繰り返して損失を出して、元金を失ってしまったら意味がありません。

勝てるトレーダーというのは、自分が勝てるとこと思った所でしかエントリーは絶対にしません。2,3日トレードをしない日だってあります。

その代わり、勝てると思った時には徹底的に攻めます。

あなたも勝てるトレーダーになりたいなら、自分が勝てると思った所だけエントリーをして利益を出していきましょう!

昨日の記事にFXで勝てない人の特徴という記事も書いたので良かったら下の記事もご覧下さい。

あなたがFXで勝てる訳がない理由!これをすれば勝てるトレーダーの1人になれる

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

僕のLINE@に友達追加していただけると3万~4万5000円を自己アフィリエイトで稼げるコンテンツを無料でプレゼントします!
自己アフィリエイトはネットビジネス初心者の人でも出来るように動画解説付きです。
年収2億円のトレーダーさんに作って頂いたFXの月利30%前後の自動売買が気になる方もLINE@にご連絡を!
↓↓↓
友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします