このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、Kaitoです。

今回は「ブログで書く記事がネタ切れしない方法」というテーマについて記事を書きました。

この記事を読んでいると言うことは、ブログ運営をしているけど毎日どんなネタを書こうか悩んでいると言う方が多いのではないでしょうか?

ブログを始める前は意外と「100個のネタなんて思いつくでしょ」と思ってほとんどの人が始めると思います。ですが、いざブログを始めてみると、書くネタが全然思いつかない、、

ブログを始めた人のほとんどがこのような体験すると思います。僕も10記事ほどを書いたら全然アイデアが思い浮かばなくなりました。

では、ブログに書くネタが次々と出てくるようにすればどうすれば良いのか?

本を読んで学んだ事を書く

ブログで書くネタが思いつかない時は普段、自分が読んでいるビジネス書や自己啓発書などを読んで役に立ったことを書きましょう。

本を書いている人はその分野に詳しくてそれだけでも価値があり本の内容は有料級の情報ですので、本を読んで、学んだ事に自分のオリジナルの考えを入れるだけで人の役に立つ記事を書くことが出来ます。

家に本がないという人はブックオフや書店にでも行って本を買いましょう!ブックオフだと良い本でも安い物だと100円や200円で買えるので全然お金がかからずに情報を得ることが出来ます。

人のブログを読んで学んだ事を書く

本やYouTubeでも学んだ事をオリジナルにしてアウトプットするということを伝えましたが、ブログ運営をしているならブログ運営で上手くいている人のブログをリサーチした方が良いです。

僕がブログを始める時に気をつけたのが、ブログ運営が上手くいっている人のリサーチをして失敗しないようにした事です。

独学で何も知識がない状態でやっても成功する確率はかなり低いと分っていたので、ブログ運営で上手くいっている人のリサーチを徹底的にやりました。

その人の名前は言いませんが

どんな記事を書いているのか、どんな風に記事を書いているのか、強調したい文章の時は何色使っているのか、パソコンで見るよりもスマホで見やすいようにするにはどうすれば良いのか

まだまだ沢山ありますがその人のブログの中を端から端までリサーチしました。(今でもやってます笑)

なので、独学でやっている人よりかはブログの見た目が綺麗なはずです。ブログは一目見てダメだと思われたらたら3秒ほどで他の人のサイトやブログに飛んでいってしまうので見た目には特にこだわっています。

上手くいっている人のブログの記事を読んで自分なりにオリジナルにして記事を書くのも大切ですが、それ以外にもブログの見た目やブログ全体がどうなっているのか?も記事を見るときと一緒にリサーチした方が良いですね!

YouTubeでネットビジネスで有名な人の動画を見て学んだことを書く

YouTubeでネットビジネスで有名な人の話を聞くことを習慣化して、その情報も自分のオリジナルな考えにまとめ発信していきましょう。

YouTubeでは有名な起業家の人の話などを無料で聞くことが出来るので、本当にお金がないという方やお金をあまりかけたくないという方にはかなりオススメですね!

自分がビジネスをしていてこれは人の役に立つと思った事を書く

普段、自分がビジネスをしていて学んだ事やもっとこうしておけば良かったなと思った事もこれからビジネスを始める初心者の人にはとても役に立つことが出来ます。

今の僕も同じ事をしています。自分でブログ運営をしていて学んだ事やブログを書いていて学んだ事などをブログにまとめています。

例えば、物販をしているのであれば

何かオススメのツールを紹介する、売れる商品の探し方を教える、発送が楽になる方法を教える、など

自分が普段やっているビジネスで学んだ事や経験などを、書くことだけでも初心者の人からしたらとても役に立ちます。

ネタに困らないために毎日情報収集をしよう!

ネタに困らないためにとにかく毎日新しい情報を自分の頭の中に叩き込みましょう!

通勤中の電車中で本を読んで学んだ事、休憩中にYouTubeを見て学んだ事、ブログに書くネタを普段から考えておけば、いざというときにポンッと頭の中で思い出します。

ブログ運営をするなら常に書くネタを考えるアンテナを張りましょう!

パッとアイデアが思いついても忘れないように、スマホですぐメモするのも良いですよ!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

僕のLINE@に友達追加していただけると無料で有料級のPDFをプレゼントします!
今すぐ追加してみてください(^^)
FXの月利30%前後稼げる自動売買などの販売もしています。
(PDFは個人LINEからしか送れないので個人LINEの方へ送らさせて頂きます)
追加されたら「PDF希望」とメッセージください。
↓↓↓

友だち追加