このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、Kaitoです。

今回は「好きな事や趣味でビジネスを始めても失敗する理由」について記事を書いていきます。

何か新しいビジネスを始めるようと思った時に、ほとんどの人は自分の好きな事や趣味でビジネスを始めようとするのではないでしょうか?

例えば

・洋服などのオシャレが好きだからアパレルショップを経営したい

・勉強を教えるのが好きだから塾を開きたい

・料理をするのが好きだから料理教室を開きたい

確かに自分が好きな事でお金を稼ぐ事が出来たら本当に最高で幸せですよね。

どんなビジネスを始めるかは人それぞれ違うと思いますが、在庫や店舗を構えるようなリアルビジネスを始めようと思っているのであればあまりオススメは出来ません。

なぜなら???

在庫や店舗を抱えるビジネスは儲かりにくくビジネスを始めても最初はマイナスからのスタートだからです。

趣味や好きな事でビジネスをしても成功出来る確率はかなり低い

趣味や好きな事でビジネスを始めるとしても、ほとんどの人が在庫や店舗を構える様なビジネスをするのではないでしょうか?

ですが、店舗を構える様な飲食店や在庫がかかるビジネスを始めてもマイナスからのスタートでお金を儲けるというのはとても難しく、ほとんどの人が在庫や店舗を構える様なビジネスを始めても2,3年以内に潰れてしまうので、ビジネスをしたことがない人がいきなりリアルビジネスをやるのはオススメしません。

店を開く土地代、商品の在庫代だけでも500~600万前後はかかります。

店舗や在庫だけでもかなりのお金がかかりますが、それにプラスして毎月、人件費、光熱費、材料代、などの固定経費がかかります。

リアルビジネスでは利益率が平均で30%前後と言われていて、かなり低いのでこれもリアルビジネスをあまりオススメ出来ない理由の1つです。

好きな事や趣味でビジネスを始めてやりがいを感じたとしても、【ビジネスを始めるならお金を稼がないと意味がない】ので在庫や店舗を構える様なビジネスをやってマイナスからのスタートでリスクを背負うのではなく、在庫や店舗を構えなくてもお金を稼ぐことが出来るリスクのないビジネスを始めましょう。

失敗してもマイナスのリスクがなく利益率の高いビジネスとは?

お金がない人でも失敗してもマイナスのリスクがなく利益率がとても高いビジネスこそが【情報発信ビジネス】です。

転売や投資をやりたいと思っている方は沢山いると思いますが最初にお金がかかるので、あまり資金がない人でも情報発信ビジネスならネット環境さえあればリスクなく誰でも出来るのでオススメです。

情報発信ビジネスとはSNSやブログなどを使って人を集めて、人の役に立つような情報を発信して自分の情報をコンテンツとして販売するビジネスの事です。

扱っている物は情報なのでお金は1円もかかりません。コンテンツが売れても売れなくてもそもそも無形の物で在庫がないのでマイナスになるリスクも一切ありませんし、扱っている物は無形でお金がかからないので利益率はほぼ100%で全てが自分の利益となります。

最初はSNSやブログで情報発信をしても人はなかなか集まりませんが、コツコツ発信w続けているとあなたが発信している情報に「興味がある」「もっと知りたい」という人は必ず現れます。

その人達に自分の商品をコンテンツとして作って売ってあげればいいのです。

それに情報発信ビジネスはネット環境とスマホさえあれば誰でも出来るので、リアルビジネスと違って最初にお金がかからないのも情報発信ビジネスの魅力の1つです。

これからビジネスを始めようと持っている方は最初はリアルビジネスではなく、コストがかからずリスクのない情報発信ビジネスをややりましょう!

今回のまとめ

【リアルビジネスをオススメできない理由】

店舗を開いたり、在庫を扱うようなリアルビジネスはマイナスからのスタートで利益率が低いのでオススメできない。それにプラスして毎月の固定費がかかり2,3年後にも続いている可能性がかなり低い。

【情報発信ビジネスをオススメする理由】

情報発信ビジネスはネット環境さえあれば誰でも出来て、リスクなく始められて利益率ほぼ100%なのでかなり稼ぐ事が出来る。

どうしてもリアルビジネスをやりたいという人はまず、情報発信ビジネスやリスクのないビジネスでまずはお金を稼げるようになってその後から始めましょう!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

僕のLINE@に友達追加していただけると無料で有料級のPDFをプレゼントします!
今すぐ追加してみてください(^^)
FXの月利30%前後稼げる自動売買などの販売もしています。
(PDFは個人LINEからしか送れないので個人LINEの方へ送らさせて頂きます)
追加されたら「PDF希望」とメッセージください。
↓↓↓

友だち追加